第68号 名義預金と相続税の取扱い

相続税の申告をする場合、亡くなった方の預金を相続財産に計上することは当然ですが、家族名義の預金も実質的に被相続人の財産なのだから相続税の対象となる相続財産に計上すべきと税務署から指摘されることがあります。

名義預金は相続税の税務調査で一番問題となるポイントですので、ご注意ください。

第68号「名義預金と相続税の取扱い」(14.07.16)