原税理士事務所の特徴

当事務所は、下記3点を特徴とする税理士事務です。

特徴(1) 相続税、贈与税、不動産の譲渡、賃貸などの税金に重点

特徴(2) 不動産オーナーのサポートに力を入れています。

特徴(3) 一人ひとり親身になったアドバイスをこころがけています。

相続税、贈与税、不動産の譲渡、賃貸などの税金に重点

税理士事務所の中には、中小企業の会計業務をメインとし、相続税の申告やアドバイスはあまり行わないというところが多いですが、私たちの事務所では、基本的に中小企業の会計業務は行わず、あえて相続税、贈与税、譲渡所得税、不動産賃貸に関する確定申告などの業務に集中化しています。

小規模な税理士事務所の場合、法人の会計業務を行いながら、相続税の申告をすると、どうしても作業のボリュームから、会計業務がメインで、その合間に相続業務ということになりがちです。

当事務所ではあえて業務を集中化することで、より多くの時間や労力をみなさまの財産管理のために使うことが可能です。

また、特定業務の事案を多く扱うことにより、ノウハウや知識を蓄積することができるメリットがあります。

不動産オーナーのサポートに力を入れています。

当事務所では、不動産オーナーが悩んでいる毎年の家賃収入や不動産譲渡の確定申告、贈与税・相続税の申告、相続対策など一連の業務をトータルでサポートすることが可能です。

不動産オーナーにとって、相続税は心配の種ですが、それ以上に毎年の固定資産税や所得税に悩まされていることがあります。
不動産オーナーをサポートするためには、ひとつの税金だけでなく、複数の税金のことを総合的、網羅的に考えなければなりません。
当事務所では、単に確定申告や相続税の申告だけを行うのではなく、長期的なサポートに力を入れています。

また、私自身、税理士でありながら不動産オーナーですので、不動産オーナーでなければ分からない悩みを共有することができます。
税金の観点からだけでなく、何とか財産を残したいといった不動産オーナーの気持ちも考えてアドバイスをするようにしています。

一人ひとり親身になったアドバイスをこころがけています。

当事務所は小規模な税理士事務所ですが、その分、税理士がひとりひとりのお客さまに、時間をかけて、親身になって対応します。

たとえば相続は税金の申告以外にさまざまな手続きが必要となりますが、当事務所では税金に関係ない手続きについてもできる限りお手伝いさせていただいています。

また、税理士だけで対処できない問題については、みなさまが個別に各専門家(司法書士、土地家屋調査士、測量士、不動産鑑定士、弁護士など)に相談しなくても、こちらで窓口になり、グループとして対応できるようにしております。